奈須比-なすび- 百弐号


スケール・257mm


表板・スプルース

側、裏板・インディアンローズウッド

ネック・アフリカンマホガニー

指板・マダガスカルローズウッド

ブリッジ・ローズウッド

ナット、サドル・無漂白牛骨

塗装・セラック(マット仕上げ)

ペグ・ゴトー UPT


O様オーダー品


通常の奈須比とは ボディが左右逆になっています

シンプルながら 小粋なセンスの装飾類

通常の奈須比は12F仕様ですが 14Fまで追加しています

ローズウッドに 白いセルが映えますね

こちらも通常の奈須比とは ヘッド形状・ペグ位置が異なります

ゴールドにべっ甲柄のつまみの ペグが高級感を演出

ヘリンボーンのロゼッタ


この楽器はオーダー主様の様々な要望にお応えして製作した1本です。


ヘッド形状、ボディの向き、フレット数、

ロゼッタやバインディング等の装飾類等、

お客様のご要望は多岐にわたりました。


その中でも一番チャレンジングだったのはチューニングです。


通常の奈須比は1オクターブ上(G-C-E-A)ですが、

この奈須比はギターの1オクターブ上(D-G-B-E)です。


通常の奈須比とは違うチューニングで演奏する為

弦も奈須比専用弦ではなく通常のウクレレ用の弦を使用します。

その為ブリッジ位置はオクターブ補正をとるため

少しボディエンド側にずらしています。

ちなみに通常の奈須比はオクターブ補正は0でも問題ありません。




奈須比は様々なチューニングの可能性があると感じていたので

とても面白い試みでした。


オーダー頂いたO様には改めて感謝申し上げます。



*オーダー主様から頂いたお言葉です*

この音域、慣れが必要ですが、使いこなせば面白いと思います。

オクターブ上のピッコロのようにピンピンした音ではなく、 このサイズのボディからは想像できないような豊かな響きですね。

左右逆にしていただいたボディも、持ちにくさは特になく(もともとサイズが小さいので慣れは必要ですが)、 ハイフレットが弾きやすいです。